水藤架設の

組む人間も、使う人間も安全第一

私たちの仕事は、足場を使う人たちの安全を確保することです。
そのためには自分たちの安全を確保することが必要です。
当社では、一人では危険な作業は必ず二人で行うなど、安全確認を徹底しています。
また、事前に工事のシミュレーションを行い、現場での無駄な作業を省くことで、安全性の向上と作業の効率化を両立しています。

  • 安全第一

    どんな小さな足場も安全第一

    水籐架設では、安全のために無理な作業は行いません。
    例えば・・・
    高所など一人で危ない場所は二人で。
    ヘルメット・安全帯の着用。
    物の受け渡しは声を掛け合う。
    など、職人一人一人が気をつける環境を作っています。

  • 迅速な対応

    スピードは安全作業の産物

    スピード施工をするためには、職人の技術を高めるのが一番の近道です。
    水籐架設では、新人教育から勉強会、また、前日に翌日の現場の打合せ・シュミレーションを行い、職人が安全かつ、迅速な施工が出来るようにしています。

  • 職人の質

    いい仕事はいい職人の産物

    水籐架設の職人たちは、若くて元気!
    また、挨拶や思いやりなど、社会人として大切なものをしっかり身につけています。
    例えば、仕事が遅れた班を早く終わった班が助けに行く・・こんなことはあたりまえ。
    こういったところから、スピードや協調性を生み出しています。

メニューを開く